観光さんぽ

北川村モネの庭 マルモッタン

フランスから高知、北川村へ

印象派の巨匠クロード・モネの
愛した風景がここにあります。

モネの愛した庭として有名なフランス、ジヴェルニーにある《モネの庭》。彼は43歳から生涯の半分をこの庭とアトリエのある邸宅で過ごし、創作以外の時間を庭仕事に充てていたといいます。そうしたクロード・モネの想いを、高知の北川村に再現したのが「北川村モネの庭マルモッタン」です。

本家・ジヴェルニーとの交流、相互理解が実り、1999年、それまで門外不出だった「モネの庭」の名称が贈られ、庭園管理責任者の協力のもと、モネの世界が創られました。そして、ジヴェルニーの庭への追及は今なお続いています。季節とともに、色彩を変えるモネの作品のように、フランスの雰囲気のなかをゆっくり歩いてみませんか。

  • 光の庭

    この庭は、モネの作品からイメージをふくらませて作った、いわば想像力を結集した庭となっています。海や山の借景も庭の一部と考え、高知の自然のなかで2008年に誕生しました。オリーブやハーブ類、ヤシ類などの地中海の植栽と、柚子など柑橘類などの身近な植栽をあわせています。

  • 水の庭

    モネの絵画の中の代表作「睡蓮」。そのスイレンが色とりどりと咲く池で、モネの描いた風景に出逢ってみませんか。池の周囲には「藤」や「柳」「桜」といった日本になじみ深い樹木を中心に、赤や黄色や青といった色鮮やかな草花たちが配置されています。

  • 花の庭

    画家のパレットのなかの色あわせを思わせるような庭が「花の庭」です。季節の花たちが彩り、バラのアーチやノルマン囲いの造形など、花壇ごとに花色を変えて楽しめるようにしています。展望デッキからの眺めは、空間の広がりを演出しています。

2017年4月中旬より「カフェ モネの家」がリニューアルオープン。
カフェのみの利用も可能です(入園料は不要)

お問合せ 北川村モネの庭 マルモッタン
安芸郡北川村野友甲1100 TEL/0887・32・1233 http://www.kjmonet.jp/
入園観覧料/一般700円、小中学生300円 開園時間/10:00~17:00(7月・8月は9:00~16:00)
休園日/火曜(祝日の場合は営業)、年末年始休園(12/26~1/1)、冬期メンテナンス休園(1/10~2月末日)

トップに戻る