旅さんぽ

きたがわMAWARU

中岡慎太郎と歴史旅

コース内容

岡山から南国IC、そして北川村へ
09:00 南国IC到着
10:30 中岡慎太郎館に到着      
生家をはじめ、慎太郎ゆかりの地をまわる
13:00 慎太郎茶屋で昼食
14:30 森林鉄道遺構を散策する
16:00 モネの庭カフェでひと休み
17:00 北川村を出発

私たちが選んだ旅

2017年(平成29年)は大政奉還150年。
その実現へ向けて活動した幕末の志士・中岡慎太郎に会いに来ました。

幕末の志士の資料館

南国ICから国道32号、55号、493号を快適に走りおよそ1時間30分、北川村の「中岡慎太郎館」へ到着しました。大政奉還150年を迎える年に、幕末の志士にゆかりのある地を巡ろうと思い、真っ先に訪ねる場所に決めたのが中岡慎太郎の資料館です。

中岡慎太郎に惹かれたのは、陰のオトコだから(笑)。やはり坂本龍馬が目立ちますからね。同じ土佐藩脱藩の志士で、薩長連合の実現に尽力。ここまでは龍馬と同じですが、さらに明治新政府のキーパーソンとなった公家の岩倉具視と三条実美を提携させ、板垣退助らを説得し土佐藩に影響を与え、それが結果として大政奉還、明治新政府へつながるなど、先を見通す力がある人物です。

北川村は彼の出身地。子ども時代、庄屋の見習い時代、志士の活動などに関する資料、遺品などが展示され、彼の生涯とその凄さを詳しく知ることができました。

慎太郎の時代からある山門

周辺には中岡慎太郎ゆかりの地がたくさんあります。まずは生家から。庄屋の家には必ず勘定の間、庭に面した式台、次の間、客間などがあり、ここには自由に入れます。ふたり並んで縁側に腰かけ、山をのんびり眺めつつ、慎太郎になった気分を味わいます。

松林寺の山門は、慎太郎が生きていた時代からあるそうで、これにはビックリ。ここには妻・兼の墓とともに、慎太郎の遺髪が納められています。また、慎太郎向学の道、少年時代に川遊びをした「巻の淵」などもありました。

奈半利川と食事処

車で10分ほど戻り、「慎太郎茶屋」で昼食を取ります。店内は純和風のつくりで、落ち着いて食事ができます。ここでは軍鶏を使ったすきやき膳、刺身やアメゴの甘露煮などがついた奈半利川膳など、北川村の幸が満載の料理が食べられるのが嬉しいですね。仲良く分け合いながら、おいしさに思わず頬が緩みます。窓越しに奈半利川の風景が広がり、ずっと川音が聞こえています。この雰囲気も素敵でした。

橋から黄色い柚子玉が広がる

昼食後は馬路村、北川村、安田町、田野町、奈半利町の5町村を走った魚梁瀬森林鉄道の遺構を訪ねます。

北川村にある「小島橋」は、森林鉄道遺構のなかで最も大規模な橋。説明板には1932(昭和7)年に建設されたとありました。それが立派に今もその姿を留めています。橋を歩くと、気持ち良い風景と共に、奈半利川のキレイさにうっとりします。

そこから少し車で移動すると、畑が広がり、木には黄色いピンポン玉のような柚子がなっています。高い木を見ながら「実生柚子だね。今、欧州やシンガポールへも輸出されているんだ。北川村の柚子の栽培は江戸時代から。その始まりのきっかけを作ったのは中岡慎太郎で、柚子を塩代わりに防腐や調味料として使おうと、村民に作付けを奨励したんだ。」と主人が豆知識を披露。ここでも慎太郎の話で盛り上がりました。

帰りは北川村「モネの庭」マルモッタンのカフェ(ここだけなら入場無料)でちょっと休憩。ここも素敵で、次回はモネの庭の散策にも来てみたいと思いました。また改めて、中岡慎太郎と歴史旅を味わいに来ます。

トップに戻る